反り鉢
D009

27,830円(税2,530円)

購入数

北宋時代の器にインスピレーションを得て作られた赤銅色の反り鉢。

赤銅の釉と、繊細で美しいフォルムは、品格があり飽きがきません。

伊万里・畑萬陶苑の畑石修嗣の製作による、繊細かつシャープな器。パリの美術館に所蔵されている北宋時代の器からインスピレーションを受けてつくられました。赤みを帯びた金属かと見間違う品格のある釉調と小さく絞った高台際から直線に緩やかにシャープに伸びる繊細なラインが美しい逸品です。DINING OUT ARITA&では、トピナンプール(キクイモ)のお料理を引立てました。

※この器は、DINING OUT ARITA&で使用されたものになります。
※DESIGNING OUTの器であることを「D」の印に表しました。
※写真右上に写っている片口はついてきません。

限定生産数:50

サイズ(直径:24.5cm × 高さ:6.5cm)

素材:陶器

窯元:畑萬陶苑「畑石修嗣」(伊万里)