土ものは、読んで字のごとく土が原料です。

吸水性のある、まるで呼吸をするかのようなうつわです。

慣れるとその違いの楽しさも味わうことができます。

土もののうつわはすべて、電子レンジや食洗機はおすすめいたしません。


気に入って購入した和食器やいただいた器。大切に末永く使いたいものです。


磁器と陶器では特徴が異なりますので扱い方などをよく知って丁寧に扱えば いつもでもきれいに使用できより愛着がわいてきます。



次のことに注意しながらお手入れしご使用ください。



 ■ 陶器(土もの)の場合 ■ 
 

・糸底(器が直接テーブルの上と接する面)は出荷前にすべて研磨いたしております。

 念のためご使用の前には、糸底にざらつきがないかご確認ください。

 もし、ざらつきが気になられるようでしたらテーブルへの傷を防ぐためにもサンドペーパーで磨いてください。




・陶器の土は吸水性が高く、使うごとに表情が変化していきます。

 特に焼締めや粉引きの商品は使っていくうちに、吸収した水分や成分で器の色がかわったりします。

 汚れや匂いを含む水分が滲みこみやすく水漏れが発生することもあります。
 
 そこでご使用の前に以下の処理をしてください。

 (1)ほこりなどを洗い流して、器がかぶるくらいの米のとぎ汁で30分ほど煮沸してください。
 
 (2)時間をかけて、ゆっくり冷ます。
 
 (3)水分をよく拭き取って、しっかり自然乾燥させる。

 
 また、毎回のご使用でも、十分に乾かして収納してください。

 水気が残ったまま収納するとカビの原因になります。
 
 また匂いもしみ込みやすいので、使ったらすぐ洗うようにしてください。



尚、粗い土ややわらかい土の場合は、煮沸はせずに水を通してお使いください。



油分や濃い液体によるシミや汚れを防ぐため、ご使用前に30分ほど水を含ませてからお使いいただくことをお勧めします。


器は洗うときがいちばん破損しやすいときです。特に磁器と陶器を一緒に入れて置きますと、強度の違いで縁が欠けたりキズがついたりすることがあります。


ひとつずつの手洗いをお勧めします。



以上をご参考まで。



うつわとともにやさしい毎日を。